姿勢というのは、健康にも美容にも大きく影響を与えます。姿勢が悪いと、内臓器官が圧迫されるので働きが低下しますし、内臓機能の低下は代謝を滞らせます。ですが、分かっていてもふと気づくと猫背になっているという方は、筋トレで筋肉を鍛えて綺麗な姿勢を手に入れましょう。

正しい姿勢をしていると疲れてしまう、ふと無意識に鏡を見たら背中が丸まっているという方は、筋肉のバランスが崩れています。

特に、常に姿勢が悪いという方は腹筋が衰えている可能性があります。

姿勢は腹筋と背筋でまっすぐに支えるものですから、腹筋が弱くなっていると自然に体が前のめりになってしまいます。ですので、まずは腹筋を鍛えましょう。

腹筋を鍛えるには、寝転がって膝を立て、上半身を起こすという筋トレが有名ですね。

もちろんこの筋トレもいいのですが、姿勢を保つには、お腹の中心にある筋肉だけではなく横の筋肉も鍛える必要があります。

ですので一般的な腹筋の筋トレをアレンジしたクランチを実践してみましょう。

仰向けに寝転がって両膝を立てたら、片方の足を反対の足の膝にかけます。

頭の後ろに両手を当てたら、膝にかけた足と反対側の腕の肘を膝につけるように、お腹の筋肉を意識して上半身を起こしてください。

起こした状態がきつくなったら、ゆっくり元の姿勢に戻ります。

この筋トレを左右10回ずつ行い、慣れたら少しずつ回数を増やしてください。

そして、腹筋だけではなく背筋もしっかり鍛えましょう。

背筋は普段意識して使うことが少なく、また猫背になっていると筋力が弱くなりがちです。

ですので腹筋に加えて背筋も鍛えることで、正しい姿勢を保ちやすくなります。

背筋を鍛えるには、バックエクステンションという筋トレが効果的です。

まず床にうつぶせになったら、頭の後ろで手を組みます。

後はそのまま背中をそらすように、両足と頭をゆっくり上げて、また元の姿勢に戻るという簡単な筋トレです。

これを5回1セット、3回ほど行いましょう。

この筋トレは手軽にできる上に、背中の筋肉全体を効率よく鍛えられます。

ただし無理をすると、腰を痛めてしまうことがあるので、痛みを感じるほど背中をそらせないように気をつけましょう。

本来であれば、筋トレは筋肉に負荷をかけるため、ジムなどで正しいトレーニング法を教わるのが理想的です。

ですが仕事などで忙しくてジムに通えない、という方は、時間をうまく使って姿勢を良くする筋トレをしてみるといいですね。

【猫背矯正インナーはどれが良い?】

  1. THE BEAST

    加圧証明書があるので引き締め、矯正の口コミ多数。即効性、ビッシと胸を張りたい男性に。

  2. マッスルプレス

    加圧矯正、姿勢矯正を目指す男性に。送料無料。はじめは1時間ぐらいから試したほうがオススメ

  3. MTG Style BX

    共同開発パートナーは長友佑都選手。話題の矯正ベルト。

( ランキング最終更新日  2019/03/20)